麺屋 わっしょい(10月の裏メニュー)


10月の裏メニューの情熱のトマトつけ麺セニョリ~タです。
こちらも通常のつけ麺同様に麺150g~400gまで選べます。
300gまではご飯(小)がつきます。
具材はスープに玉葱・ほうれん草・豚バラ肉・トマトが入っています。
麺の方にはブラックペッパーがふりかけられています。
トマトの酸味と黒醤油のコクがいい感じに合わさって、以外と美味しかったです。
酸味のおかげでサッパリ感があります。脂が多少多いですがしつこさはないです。
スープにニンニクを入れることが出来ますが、つけ麺として食べる分にはよかったですがこの後のことを考えると悩みどころです。

で、これがご飯(小)を付け汁に入れて食べる替飯というもの。
掛かっているのは粉チーズになります。
簡易的なリゾットを楽しめます。
そしてこれがニンニクを入れるかどうか悩む理由。
個人的にはこのときにニンニクが入っているのはニンニクがキツすぎて微妙でした。
で、実は日を改めて2度目行ってきました。
そのときはニンニクはなしで注文。
前回と違ってタバスコが出てきました。ま、お好みでどうぞということで。
今回も替飯を頼みましたが、前回は粉チーズでしたが今回はナチュラルチーズでした。
理由は粉チーズでは溶けないから。ま、当然ですがzzz
ニンニクを入れなかったからか、前回よりも良かったと思います。

黒潮ラーメン 寳  道頓堀店(再訪)


2度目の訪問です。
たいよ氏と行ってきました。
画像は黒潮ラーメンのまぐろ。
具材はメンマ・白菜・青ネギ・白ネギ・チャーシュー・焦がし玉葱・レモンです。
マグロをメインにいくつかの魚からダシを取っているらしいですが、味はマグロです。
これでもかっていうくらいマグロです。
マグロ好きにはたまりません?
麺は太麺を使用。
メモするん忘れたので細かいことは忘れました。
とりあえずマグロ!という印象だけは残っています。
レモンはなんのために入れているんだろう?
味の変わらない程度に絞ってみましたがコレといった変化は感じませんでした。
——————-
【たいよ追記】

つけ麺です。カツオです。濃厚です。
レモンついてました。スープ割りして入れるといいらしいですが
私はスープ割りもせず飲んでしまいました(通称:カパエル飲み(?))
あとで舌がピリピリしました(当たり前)
麺の方は太麺で量も適量でした。
しかし、ぺーやん氏から頂いたマグロラーメンは、一口食べたあとに来る
マグロ感が尋常じゃなかったなー(w

らーめん工房RISE~ライズ~


らーめん工房RISEより、河内の塩の丸腸トッピングです。
具材は水菜・メンマ・白髪葱・チャーシュー・乾燥させた梅干し?です。
麺は太麺と細麺と選べますが、河内の塩の基本は細麺なので細麺でいきました。
スープに牡蠣の燻製を使用しているらしいです。
確かに貝の風味がよく出ていましたが、牡蠣の燻製かどうかまでは判断できませんでした。
そもそも牡蠣の燻製がどんな味とか全くわかりませんし。
とくにしつこさもなく、良かったと思いますが少し塩がききすぎてる感じがしました。
特筆すべきはチャーシューです。
1枚しか入っていませんでしたが厚みが10mm近くありました。
これはなかなかの食べ応えです。
ただ私はチャーシューの脂身で死にましたzzz
トッピングした丸腸ですが、癖や脂のしつこさもなく食べやすかったと思います。
ラーメンに丸腸はどうなんだと思いましたが、わりとお勧めかもしれません。
で、余談。
26日の21時頃に行ったのですが、丁度店の前にさしかかるというときになっていきなり看板のランプが消灯!
これは!?
過去の悪夢がよみがえってきます。
入り口にいた店員さんに声を掛けてみたところ、大丈夫と言うことだったので入店できました。
食べ終わって店を出たときに扉のところに書いてある営業時間を見たら、日祝日は21時までとなっていました。
食べログや某情報誌では22時までとなっていたので油断しましたね。
訪問される場合はご注意を。

一心不乱 (近鉄百貨店・九州大物産展)


阿倍野の近鉄百貨店で九州大物産展をやってまして、そこに出店されてた一心不乱へ行ってきました。
画像は特濃こくとんこつ味玉ラーメンです。
具材は海苔・メンマ・キクラゲ・チャーシュー・葱・ゴマ・煮玉子。
そして中央の赤いモノは唐辛子ですかね?
麺は細麺のストレート。茹で加減とかはとくに聞かれませんでしたが、かために茹でられていました。
スープは名前通り濃いめでトロッとしていました。
ドロドロはしてません。あくまでトロッと。
豚骨の独特の臭みが程よい感じであって美味でありました。
メンマに付着している黒い粒は黒コショウです。多少ぴりっとコショウが効いていますが味もしっかり付いていて良かったと思います。
チャーシューはまずくはなかったがスープや他の具材に比べれば少し残念な感じ。

麺屋わっしょい(何度目?)


何度目かの麺屋わっしょいです。
ようやくシルバー会員になれましたので9月の裏メニュー食べてきました。
画像はその裏メニューのカレーまぜ麺250gです。
通常のまぜ麺と同じく麺150g~400gまでは同料金です。
麺は太麺。
具材はキャベツ・ジャガイモ・豚バラ肉・生卵(煮玉子に変更可)。
キャベツとジャガイモは茹でてありました。
カレーは甘辛いというか、若干甘めですかね。
食べ始めは生卵は潰さずに食し、半分くらい麺が無くなったところで潰してまぜまぜ…
これにより味がまろやかになります。
残念なのが豚バラ肉。
この店で他のラーメンにも通常使われてるモノですが、既に醤油で味付けがされているものなのでこのカレーまぜ麺には微妙かなーと思いました。
ここの普通のまぜ麺もそうだったけど、ラーメンやつけ麺に比べると少し重く感じます。
私だけでしょうかね?
つけ麺では300g食えましたがまぜ麺だと250gがキツかったです。

ついでなので他のメニューも。
これはつけ麺で、麺の量は忘れました。たぶん250g?
つけ麺は17時からオーダーできます。
麺に煮卵・炙りチャーシュー、スープに玉葱・葱・メンマ・細切りチャーシューが入っています。
チャーシューは少し炙り過ぎな感じがします。焦げの風味が強くてチャーシュー本来の味が楽しめませんでした。
スープは魚介系の風味よく、割といいんじゃないでしょうか?
スープ割りもあります。食べ終わる頃に店員さんが声を掛けてくれますが、声が掛からなかったら催促しましょう。
こちらは節の風味がプラスされていい感じです。ただ、ぬるいです…

こちらは男の愛情黒醤油、いわゆる冷やしラーメンです。
夏場だけの期間限定メニューになります。
具材に水菜・柚子風味の大根おろし・焼梅干し・大葉・煮玉子・地鶏ムネ肉の燻製が入っています。
麺は玉子麺で縮れがあります。
スープは和風ダシを使用。
ぶっちゃけ、細かいことは忘れました。
ただ、梅干しを焼くのはどうなんだとか、地鶏ムネ肉は別に燻製じゃなくても、とか思ったり思わなかったり…

らーめん 麺屋 一八


麺屋一八より、一八特製ラーメンです。
麺は細めの真空麺。
スープのダシには鶏ガラ、野菜、モミジ、豚足を使用でコラーゲンが豊富…らしい。
いわゆる鶏白湯のスープ。
とろとろしていて、直感的にもコラーゲンが多いように思える。
ただ、天一や無鉄砲ほどのこってり感はない。
具材に白髪葱、揚げタマネギなど。
白髪葱がキツいので純粋にスープを味わうことが出来なかった。
特製ではなく、ノーマルなラーメンにしておけば良かったかな…?
あと、スープには削り節が入っている。
初めは魚粉かと思ったが、削り節だった。
ただ、何の削り節かは不明。
スープを飲んだときに節の残留感があり、これが個人的には不快だった。
あと、若干ぬるめ。

梅光軒@大北海道展


某百貨店で出店されていた梅光軒の醤油ラーメン+味玉です。
とにかく、超あっさりでした。
あっさりと言うより薄味過ぎて味気なさ120%くらいですかね?
豚骨をダシに使っているようですが、豚骨のこってりさは皆無でした。
そのくせにチャーシューと味玉は妙に濃い味付けでした。
チャーシューは味付けが濃くて肉厚でしたが、やたらとパサついてる肉でラーメンの
スープなしで食べるのは結構キツい感じ。
メンマは自慢の一品らしく、極太で食べ応えはありましたが、これも薄味過ぎで
物足りなさを感じました。
あと、ネギは白ネギを使ってるようですが青ネギの方が合ってるような気がしないでもありませんzzz

白樺山荘@大北海道展


某百貨店に出店されていた白樺山荘の味噌ラーメンです。
濃いめの味噌スープが食欲をそそります。
塩分濃度が気になるところですね(ぇ
某有名味噌ラーメン屋とは違って油膜はありません。
若干ピリ辛です。
たいよ氏はチャーシューに味がついていたと言っていたが、私にはわかりませんでしたzzz

(たいよ写真追加)
日が経ってしまったので詳しくは忘れましたzzz
でもまぁ、普通に美味しかったと思います。

麺 徳次郎  布施店


麺 徳次郎より徳次郎スペシャルらーめんです。
藤平の姉妹店っぽいです。
たいよ殿が催促するのであげてみました。
藤平スキーなら行ってみる価値はあるかと思います。
—————————————-
以下、たいよ追記(本文ネタ重複あり)
—————————————-

「焼きプリン」の置いているラーメン屋。
そんなの「藤平」以来だったが、あとでネットの書き込みを見ると
「藤平系列」だという書き込みも。でも「藤平」は潰れましたが何か?
# 【追記】2009年3月に民事再生法ということで、採算のとれている
# お店は存続しているようです。
ま、でも、おそらくその流れを汲んでいる店のようです。
GW中に、ぺーやん氏とカパエル氏と布施店に訪問。確かに訪問したと記憶(w
道中、中環で信号無視の取締。その時は思いとどまり、首の皮一枚で助かる。
前の車ご愁傷さま(2点減点9,000円)

そんなことで、思わず張り込んで、名物極太つけ麺スペシャル(850円)をオーダー。
ラーメンレポはぺーやん氏。焼きプリンレポはカパエル氏からあると思います(笑)
「つけ麺」ここもダメでした。一口目から舌が塩でピリピリします。
スープを流し込んだぺーやん氏は「サバ」と言い切りましたが、私には
魚介系の味はあまり伝わってきません。まさに濃厚とんこつ醤油+塩味です。
特徴は朝の8時まで営業(食べログに32時って書いてるw)。それだけです。
評価:◎◎(藤平の創業者の社会復帰店(?)にしては微妙。試験店?)

男のラーメン 麺屋わっしょい(再)


わっしょいから、男のまぜ麺(200g)です。
麺は150g~400gまでは無料で選択できます。
18時くらいに店に行って、このあと晩飯が控えていましたが150gだとなんだか
負けた気がするので200gいってみました(ぁ
この店では通常のラーメンで150g使ってるらしいですね。
晩飯の方は…げっぷ(ぉ
今回はまぜ麺を食しましたが、いわゆる油そばでしょうかね?
個人的には味が濃すぎましたzzz
酢を少し加えるとサッパリした味付けになるのでわりとお勧めです。
でもまぜ麺はこれが最後かな…
ここはやっぱ根性黒醤油がメインなんだなぁと思いました。

次のページ »