道頓堀ラーメン豪竜


豪竜から、二段重ねスープ醤油味+餃子です。
この店に来るまでには色々なドラマがありましたがあえて割愛(ぉ
このラーメンには「黒竜あばれ麺」なる麺も選択できたが、あえて通常の麺を選択。
出てきたラーメンに、カウンターで更にスープをぶっかけるパフォーマンス?があったが、
正直無くてもいいようなパフォーマンス。インパクトの欠片も無し。
逆に、スープをかける前の味が気になったので、スープは自分でかけさせてくれ、とw
スープの方は飲んだとき、感じとして澄んだ透明感のあるスープ…と思わせて、脂のギトギト感が追い打ちをかけてくるスープでした。
背脂も多めだけど、ギトギト感がなければ割とおいしいスープかな、と思います。
麺は可もなく不可もなく、普通です。ま、普通が一番ですよね。
餃子は豚トロを使ってるらしいが、豚トロのジューシーさは感じられず、胸焼け感だけが襲ってくる一品。
単純に火の通りがあまい気もする。
餃子に多量の油がまとわりついているし、焦げの付着も多い。
味も微妙だし350円払ってまで食う価値があるかどうかは謎。

コメント

コメントする